2021 夏の高校野球 静岡県大会 3回戦対戦カード一覧

7月20日に行われる第3回戦の対戦カード一覧

藤枝明誠ー池新田

静岡東ー知徳

日大三島ー横須賀

島田ー磐田東

三島南ー静岡商業

富士市立ー浜松北

藤枝西ー浜松市立

清水桜が丘ー静岡

浜松工業ー浜松湖北

東海大静岡翔洋ー常葉大菊川

磐田南ー静岡市立

御殿場西ー桐陽

加藤学園ー島田商業

聖隷クリストファーー静岡大成

富士東ー清流館

榛原ー掛川西

スポンサーリンク

注目のカードは?

注目の組み合わせは、なんといっても東海大静岡翔洋と常葉大菊川の試合だ。
東海大静岡翔洋のエース・鈴木投手と常葉大菊川打線の対決は必見。
東海大静岡翔洋は1回戦も2回戦も緊張感のある試合をしていたが、常葉大菊川はここまで相手を圧倒する試合をしている。

次いで三島南と静岡商業の試合だ。静岡商業は2回戦で常葉大橘との死闘をくぐり抜けた。静岡商業はここを勝てば伝統の静岡高校との伝統の一戦が実現する可能性が高い。

加藤学園と島田商業の試合も注目。シードの加藤学園と強豪の島田商業という好カード。島田商業は春の中部地区大会で準優勝。後半の粘りがある。

御殿場西と桐陽の試合も好カードだ。桐陽は140km/hオーバーをサイドから放つ土屋投手や強力な打線が持ち味。御殿場西はかつて常葉菊川で全国制覇した森下監督が率いており、簡単には勝たせてくれないだろう。県東部の実力校対決。

コメント

タイトルとURLをコピーしました